カテゴリー
















百合WEB漫画の紹介

2018/06/11

[漫画・アニメ・小説・ドラマ]

このところWEB漫画が爆発的に増えてますね。
せっかくなので探検隊でもいくつか紹介したいと思います。
直接リンクは貼らないので気になるタイトルがあったら作品名でググってみてください。

まず、百合WEB漫画を漁るならKADOKAWAのWEB漫画サイトComicWalkerにある百合倶楽部をチェックするのが最もお手軽で早いでしょう。おそらくWEB漫画サイトで最も多くの百合作品が集まっています。メジャーどころだと「あの娘にキスと白百合を」「やがて君になる」があります。

次いで多いのはたぶんサイコミかなぁ。
「ふたりモノローグ」「ワライヒメ」「少女巡礼」「いわかける!」
ふたログがヒットしてるせいか分かんないですけどここは百合作品を積極的に取り入れてるきがする。ワライと岩は百合というより友情かな。

まんがライフSTORIA´もそこそこの数の百合漫画が揃ってます。
「ラーメン大好き小泉さん」「できそこないの姫君たち」「お姉さんは女子小学生に興味があります。」辺りを押さえとくといいかも。

ツイ4だと「草薙先生は試されている。」「サトコとナダ」辺りが有名かなぁ。
最近できたコミックPASH!だと「くま クマ 熊 ベアー」
更新遅いけど紺野キタというだけで許せるデンシバーズの「Lily lily rose」
草薙先生とLily以外は友情ですけどまあそこは置いといて。

で、最後にえぬが最も注目している百合WEB漫画なんですけど、アルファポリスの「魔女が下す鉄槌」ですね。
他にもいっぱいあると思うんですけど、そこはまあ割愛ってことで。

百合WEB漫画がすんごい勢いで増えてますね。
たぶん今日軽くネタにした所だけで30作品以上ある。
百合倶楽部だけで何十作あるんだよって話ですよ。

それにしてもKADOKAWAの猛烈な百合推しはどうしたんでしょうね。
一般誌の百合推しといったら昔はスクエニだったんですけど今じゃ完全に電撃へ流れてる。

百合漫画といえば一迅社の百合姫だったんですけど、「あのキス」「やが君」クラスのヒット作が全部KADOKAWAから出てるって所が面白い。百合専門誌って一体何なんだろうと考えさせられる出来事です。

こうした中小出版社の百合推しとは逆に大手三大出版社が百合に冷ややかな所もポイントです。それが悪いという話ではなく、冒険する余裕がまったく無いというのが本当の所だと思うんですけど、実際はどうなんでしょうね。

そんなこんなで。
百合WEB漫画の紹介でした。

ふう。
百合作品紹介とかめったにやらないから疲れた。
めったにやらないっていうか初めてやったかもしんない。

難しいんですよ。
ただの友情ものを百合作品って言いにくいじゃないですか。
でもそこらへんのボーダーって人によって違うわけで。

だからといって。
百合の定義は荒れるからといって、いつまでも避けてたらこういう事になる。
次回あたり、そこらへんを深く突っ込んだ百合考察をネタにします。

6/10までの拍手お返事です。
●>独身なのでもらってやってくだされ
いいのか?俺は弟だってかまわないで食っちまう人間なんだぜ
■人間を食うといえば寄生獣の新シリーズが始まってますね

●スパイアクションかルパンかキャッツアイかって感じのシナリオですね。
屋上からロープで降りてきてガラスカッターで切り落とす。
ヘリからRPGでもぶち込んで爆発させる。
バーナーや火炎放射器で解かす。
レーザーで切断する。
ガラスにこだわらず屋上から目標物までデカイ穴をあけて直接ヘリで釣り上げる。
これはいろいろと妄想がはかどりますなぁ。
■あばよとっつあん!

●百合は子孫を残せない。
だから尊い
■愛がかならずしも人類を繁栄させるとは限らない
ならば我が愛を持って人類を滅亡させてやろう!ババーン!(百合魔王誕生)

●別に欠点があるほうが話を広げやすいという発想が悪いとはいわない
でもことあるごとに欠点をお披露目する場を設けるのは
ただのキャラいじめじゃないかと感じるわけよ
こいつはこういうことができない(やらない)から
ここでは他が頑張るというのをさりげなくやるだけじゃだめなのか?
どうしても誰かを傷つける必要があるのか?
■それは欠点要素うんぬんが問題じゃなくて見せ方の問題じゃないかな

●メスのネコ…あっ(察し)
■子供の頃から抱き抱えた猫に玉が付いてた記憶が一切なくて
猫ってみんな玉がない生き物だとおもっていた子供時代

●ひどい弱点は主人公達に付けるなら完結までに克服されなければならないと思ってる
わざわざ付いてる特徴ってことはそれで痛い目にあわなければならず、痛い目にあったのなら克服しないとキャラ的にまずい
そういう意味のないファッション系の弱点はただの特徴でしかない
弱点とキャラ立て用の特徴は違うのだ
■なるほどファッション系とはうまい言い方かもしんない

●そう言えばうちのお燐もよく俺の部屋を侵入したけどね。。。(が,入り口全部ロック掛かってるし,どうやって。。。)
■猫魔法のしわざじゃよ

●遺伝子にオス猫のフェロモンが刻まれてるんじゃなかろうか
■でもメス猫って基本的に盛ってない時はオス猫嫌ってる気がする

●猫はストーキングやスニーキングが上手いので出勤時か帰宅時に部屋入口のドアを開けた時に入ってきた可能性が高いと思います
それと猫に好かれやすい人の条件で香水とか匂いの強い化粧品をしない人というのがあるそうです
ですので匂いでの対策をしないとどんな高い階の部屋でも猫に侵入される可能性はあると思った方がいいかと
■たしかに無臭だと言われることはあったかも
でもオカンは化粧の匂いプンプンさせてたけどメス猫に好かれてたのよね

●プリンセスプリンシパルの続編製作が決定しましたね
私は嬉しい
キャラデザの黒星紅白先生もTwitterでイラスト上げるくらい嬉しい
きっとえぬさんも喜んでくれる

みんな幸せ
みんな笑顔

(なお、続編の媒体……)
■映画とはまた思い切ったことをしよる
いやとっても嬉しいんですけどね!

●この拍手も大量に来ると思うけど・・・、
えぬさんスーパーオス猫フェロモン垂れ流してますね!
■逆にオスフェロモン出してたら嫌われそうなきがする

●朝カーテン開けたらセミを狙うネコが網戸に突撃してくるところでめちゃくちゃびびったのを思い出した
■網戸にセミがいたんかい

●仕事から帰って部屋入ったらいきなり目の間に首輪付きラ〇ドールがいたこともあって。
に見えかけて二度読みした
雌猫がそのうち女体化して通い妻になりだすのかもしれませんね
■遠目から猫の性別が判別できるのが利点かもしんない
近寄ってくる猫がメスで寄ってこないのがオス

●いや、猫は全ての因果律を完全に無視して現れて鳴くもんでしょ。えぬさん不思議の国のアリス見てないの?
■猫どんだけやねん…

●えぬ隊長またたび説
■またたび効果だったら性別無視しそうな気もするけどあれメスには効果薄いんでしたっけ覚えてないや

●ねこディンガーのえぬ
■猫使いのえぬ

●メス猫限定…?
つまり猫百合ハーレム!!
■次はケモ百合ブームが来るのか!?

●>なんなの?ご先祖さまが昔メス猫になんかしたの?
マタタビを配ったりしてたんじゃないですかね。

>おそらくいけます。
恐らくなので、保証はしていませんね。
(フォローのつもり)
■生後半年くらいだったらオスでも寄ってくるなぁ

●>欠点
長所であり欠点でもある要素が出来たら良いかもですね。
良い例が思いつかないですけど。
■そのままでも問題ない欠点ってのは真の弱点じゃないと思うんですよ

●■なんでみんなこのネタに食いつくの!
館は爆発、お船は沈む、ガラスとステンドグラスは割れるのが定め
■定めじゃ…定めには逆らえんぞ!

●ふむふむ
隊長はメス猫泥棒猫なんですね
罪な人ね
■この泥棒猫ッ!

●アパートで一人暮らし。起きたら目の前にいる。メス猫。全年齢サイトだから表現をボカしたか、モテたんですねえ。
■エロ広告の宣伝文句みたいな言い方やめい

●ガラスをぶち破るのは淑女の浪漫だからさ(絶対に真似しないでください)
■ガラスをぶち破らないアメコミはアメコミではない

●ツバメの弱点‥
①ぢつは♂
②胸がパット

…とか?どっちも許せんですね❗
■まな板など弱点とはいわぬ…単なるチャームポイントでしかない

●日記を書いて、ゲームも作るだなんて、賢いネコだなぁ。
そりゃモテるわ
■くらえにくきゅうタイピング! にゃにゃにゃにゃ!

●これはもう次回作はねこがメインテーマ待ったなしですね!!!!!!!
■新約にも猫ネタがちょこっとだけあるのじゃ

●>突然すべての因果律を完全に無視して猫が現れて
猫?「僕と契約して魔法少女を作って(ry

きっと現れる猫♀は順番待ち
■そいつは猫じゃねえ!

●私は過去に一度だけ、あなた様の部屋に遊びに行ったことがあるメス猫です。
正確に言うとメス猫ではなく男の娘ネコですが、メス猫扱いしていただけた事は嬉しかったです。
■それ単に去勢した猫じゃねえか!

●■正気にもどれ!

もう手遅れです!指示を!
■いますぐ濃厚な百合WEB漫画を描いて公開するのだ

●僕知ってるよ、そのうち猫耳メイドが現れてにゃん♪にゃん♪展開になるんだ。薄い本に書いてあった
■そのようなメイドなどまだまだ全然大してことはない。真のメイドは肉球を装備した肉球メイドであり貴様のほっぺたをふわんふわんぽよんぽよんする魅惑のメイドである

●なるほど、つまり次回作はユリ猫路線で攻めるのですね。わかりました♪
ネコショック! がうがうー!
■鳴き声が熊じゃねえか!

●久し振りだな、えぬよ。
私があの時の猫だ。
あの時はすまんかったな。
いやしかし、息を潜めている間えぬの私生活はバッチリみさせてもらったぞ。
ああ、それはもう色々とあれやこれやとバッチリとな。
……。

まあ、ナンだ…じゃあな。
■よし明日のごはんはチーズナンにしよう

●なるほど、次回作は実体験をもとにした猫娘との百合ホラー物ですね!
■百合とホラーは相性が良い

●「弱点じゃない。弱味だよ。人も兵器も、弱味がないと可愛くないじゃないか」とメタルギアでオタコンが言ってましたな。真理であると同時にやろうと思えば弱点が全くない兵器を開発することもできるオタコンは地味にヤバイ
■オタコンの弱点も本当の弱点だったんですよね
やっぱ弱点はあのくらい致命的じゃないと真に迫ってこない

●ねこはどこにでもいます。よろしくおねがいします。
■おねがいすんなし!

●ねこです よろしくおねがいします     メモ
■おまえもおねがいすんなし!

●前世でイケメンのオス猫だったんじゃないですか?
じゃなくて
前世でめちゃくちゃ綺麗なメス猫だったんじゃないですか?
って思い無事感染していることを確認できました
百合猫っていい響きだと思います
■メス猫って基本的にオス猫を嫌ってないですかね

●主人公が完全無欠のスーパーヒーローだと受け手にはあまり共感が得られなくて印象がよくないから、酒が飲めなかったり奥さんと別居中だったりと、受け手が共感しやすいように何らかの弱点を持たせる場合が多いですね。有名なところだとダイ・ハードなんかがいい例
■嫁とうまくいってないっていうのはけっこう重い弱点みたい
海外作品でこれやるとめちゃめちゃ感情移入される必殺の設定だとか

●まさかついに隊長にスタンド(猫型)が出現した話?!……かと思ったら、すでにスタンド『フレーバー・オブ・マタタビ』を習得していた模様。たぶんレベルが上がればライオンも寄ってくるようになるんじゃないですかね。
そういや最近、海外で見知らぬ猫がある日突然自室で出産してた、ってニュースがありました。
■猫ってけっこう人間に近い場所を出産場所にするらしいですね

●>こいつは猫なんだ。スネークじゃない。

ヤツさ!
■コブラさんも蛇でしょ!

●えぬさんつかれてるのよ
■ズン!ズン!

●その猫、お湯をかけると人間になるかもしれない。
■水で猫になるのはシャンプーでしたっけ

●新約完成までまだ程遠いのでしょうか?
制作に関する記事がめっきり減ったので
進行しているのか怪しい
■まだまだかかりますね…もうしわけないです

●アパートの管理人or大家さんは中学生でしたか?それとも未亡人でしたか?
いや、実はエヌさんが管理人で、東大を目指す幼なじみが乳居人とか?
■さすがに元ネタわからんわい

●許せる欠点の例:土壇場で仲間を捨てて逃げ出す。
許せない欠点の例:業務用冷凍庫の故障修理してるとこと販売してるとこが違って最初の故障はウチ悪くないのに、なぜか俺にキレて水袋となった元棒アイスを投げて文句言ってくるハゲ。
■許せない欠点の例が生々しすぎるわ!

●最近新訳の日記がない...
これはあれですね❗実はもうできちゃいましたー✨ババーン!
的な感じですね❗
■違うのだ…すまぬ…

●ちゃんと出かける前は戸締りしないと駄目だよ
■はーい きをつけまーす

●先祖がケモナーでユリストの猫の恩返しでゆりんゆりんだった…?(超解釈)
■つまりケモ百合を流行らせよという天からの啓示!

●え、家に帰ったら猫っ娘がいたって?羨ましす
■寝てる最中に目の前へ突然現れたんだよ!

●人間には普段のイメージと違う行動のほうが強く印象に残りやすいという傾向があって、例えば真面目で成績のいい人が老人に優しくしても自然なこと、もしくは打算があってのことと思われやすい。ただし不良が老人に優しくしたら、それは純粋な思いやりでの行動と見られやすい。
だからアニメやゲームで言えば一匹狼のキャラが味方を庇うと印象に残るし、兄貴分キャラが裏切るとインパクトも大きい、というわけですね
■つまり委員長女がBL趣味でもインパクトは薄いがギャル女がBL趣味だとインパクトがあるということであるな

●ちょろちょろ日記更新してくまちゅか?
■あしたからがんばりゅよ

●私はキャラに感情移入出来るかが大事なポイントだと思っています。剣と魔法な物語はそこが難しくて、最近飽和状態の転生モノはそこらへんのハードルが低いのがうけてるんじゃないのかなと。
■なるほど確かに現代人のほうがハードルは低いのかもしんない

●メス猫ばっかだから百合に目覚めたのですね
ケモ百合とはなんともハイレベルな・・・!
■次にブームくるよケモ百合

●さっき、『親子向け』が『帽子向け』に見えました。
まて! これはNの罠だ!
きたない流石Nきたない
N、お前もか!
N知ってるか。帽子は帽子しか食べない。

結論。
見間違えた結果、混乱して、僕の脳内が面白い事に。
■なに?次は親子丼百合が流行りそうだと?それはたいへんだ!

●そういえば、今日は
『我が家のカギを見直すロックの日』
だそうですよ。

隊長は、どんなカギが好きですか?

僕は、カードキーに憧れるものの、実際に使った事は有りません。
利用者カード的なものではなくて。
『壁についた装置にカードを通すと、ドアが開く』
みたいなのですね。
ロマンです。
■さすがだ。お前といると日本のロックがまだ死んではいないということを確信できる

●\ねっこブログ!ねっこブログ!/
■ひゃくれつにくきゅう!にゃにゃにゃにゃにゃ!

●ぬこ「エヌさん、僕と契約して魔法少女になってよ」
■おまえは猫じゃねえ!

●えぬさん前世はモテモテ雄猫説
■メス猫にモテてるオス猫なんて見たことねえ…

●ニャーン😻
■にゃにゃにゃにゃにゃ!

●ところで隊長はサガフロ2は途中で止まってしまっている、との事ですが
どの辺りが原因ですか?

自分は
・仲間を組む自由度が低過ぎる上に
 メンバー構成も流動的過ぎる
・某キャラの扱い
 死亡したら何故かその後はほぼ忘れ去られて言及無し
 生存してても以後は只のモブ一兵卒ユニット状態
・個々のステータスが大雑把

この辺りで意欲を失いました
ただ、デザイン・BGM・雰囲気はシリーズ屈指の好みです
■止めた場面はおばあちゃんが自己犠牲した辺りだったかなぁ
でもけっして面白くないからってわけじゃなくて、他に遊ぶものがあったからそっちに行ってしまったって感じです

●例えばよくある例えですけど。
不良が親切にすると善人扱いされ、普段真面目な人が1回でも悪いことをするとイメージが悪くなる。不公平ですね。

ダニエルカーネマンの経験と記憶の話を思い出しました
■ダニエルと聞くとアルジャーノンが真っ先に思い浮かぶ

< 百合語り~前編~  | ページTOPへ |  怖い話 >