【INFOMATION】 2014/01/24:帽子世界サイトのダウンロードができなかった問題を修正

カテゴリー
















マップ数上限999限界突破

2014/07/25

[雑記:ツクール全般]

できました。
トリアージュと平行してVXのマップ数999限界突破を試行錯誤していましたが、やっと実用化まで漕ぎ着けました。

こうなるとトリアージュと新約帽子世界どっちを進めるんだ?って話になってくると思うんですけど、順番として新約を先にやってたのでトリアージュは新約が完成するまでお預けですね。ああ…やっとAceを触れると思ってたのに…

どうやって限界突破したのかって話は、まぁ散々ネタにしてたんで今さら感あるんですけど、フォルダリネーム作戦でいけました。

マップはツクールエディタが認識しないとゲームの作りようがないのでスクリプトでどうにかなるレベルの話じゃなかったんですが、作業する際にDataフォルダを一時的にリネームし、限界数以上のマップ追加作業を新規Dataフォルダで行い作業終了時に再度リネームしてからマップ移動時に条件分岐でMapInfos.rvdataとMap○○○.rvdataを読みに行くことで解決させました。

まぁ要するに、ツクールが認識しないなら認識するようにフォルダ名を変えてゲーム実行時に条件分岐すればいいじゃない?って感じです。

難点として、作業時にいちいちリネーム作業が必要、テストプレイで拡張したマップに行けない、拡張したマップの作業中はマップ作業以外何もできないってのがあります。
これに関しては、各主人公のラストダンジョンのみを999以上のマップにすることで解消していこうかなと。帽子世界独自のシステムでマップIDに条件分岐させてた問題も、これで同時解決することができます。

実際に作業した感じでも、これなら大丈夫そうだなといった具合でした。
一時期はもう駄目かなと思ってたけど、打開できると案外あっけなかったな。
たぶん同じ方法で戦闘アニメ数上限999突破とかできるんじゃないかな。

ってことで新約の作業を進めていきたいと思います。

7/24までの拍手お返事です。
●帽子のダンジョンに不満を感じたことはなかったなぁ
どこのマップも特徴的でサガフロみたいで楽しかったし、
ジャニスを選んだからか、敵は避けるか蹴るかって感じだったし。
■横スクロールのツクールゲーが少ないってのにも助けられた感じかなぁ

●>あと、救済スキルってのはまぁ時魔法のことなんですけど。
>プレ公開の時に「時魔法がゲームをつまらなくしている」って
>意見を全くいただかなかったのはすんごい予想外でした。

時魔法、使うと何が起きるのか把握できなくてほとんど使いませんでした。
私には難しすぎ。
連続使用するとコストがどんどん増えていく奴とかあるし、連携との関係とかよくわからんのあるし。シキさんにチュートリアルして欲しいですね。
「返し」はサイコーにかっこよかった。
■ううむ…新約のシキさんはりんご返しができなくなるんですよね…

●>まずは「恥ずかしい」という感覚を卒業することから
自分も全く同じ状況です。
何かこっ恥ずかしいんですよね・・・
なのでサラっとしている上に、熱かったり胸に来る河津神のテキストや演出に憧れます。
■ほんと何なんでしょうね、あの照れっぽさって。シナリオいっさいないゲーム作る人の気持ちも何となく分かる気がする…

●cyottocy\ちょっとまってまって 不評って 数?大声? 何調べです?拍手で? 評価するために遊ぶのと遊んで評価するのでも全然違いますしこんなフォローというかんんんちょっとまってくださいね うん 満足と納得って違いますけど なんでしょうね 努力は報われるべきという遊び手への配慮が求められうのは分かるのですが いやそれ以前に badの種類も 踏みにじるようなモノでもないですし HAPPYかBAD

Oh...乱文すいません。二元論か。少なくともBAD EMDと思いませんし言いたくもありません。消費者のための合理的な話作りは否定しませんけれども一般論をのたまうなら一般市場でどうぞという気分です。千差万別の作品に触れる機会を奪うような声にはカウンター入れます。えぬさんがメジャーデビューしたいとか帽子世界をレーベル売り込みたいという算段でもあれば別ですが。

ファンシーな世界観ですが、語弊が多分にありますが、悪でもない存在から物を奪うわけですし、冒頭お花畑な雰囲気から一気にダークなオチという騙し討ちタイプでもありません。雰囲気こそ可愛らしいですが、不穏の断片。覚悟は決まります。当然、だからこそ打破して明るく幸せなENDを求めるのも間違いではないですし、そうであって欲しいという願い自体は理解できます。しかしそうならなかった事への不満は理解しがたい所です。

どうにも他人の感想への文句みたいになってしまいました。オフレコでお願いします? BADかどうか。自分の行動が実は破滅を招いていたとか、大局に変化を与えない徒労だった。他には雑な言い方ですがより不幸になった量や質。などと理屈並べても結局はスッキリ楽しかったかどうかになってしまうのでしょうね。そう感じたならどうしようもない所です。

感情移入を口にする人は多いですが、例えばそれはセミの一生を、セミ基準なのかヒト基準なのか。まちまちだったりしますから。どちらが多いのかといえば後者だと思いますが、物語の真価は前者だと思ったりもします。このあたりの齟齬は不滅。何の話か 
■フォローありがとね~まぁ反省となったらどうしても悪い点の改善がメインになってしまいがちだから、感想で悪く言われた部分をどうするかって感じになってしまうんですよね。新約はもっと余裕持ってテストプレイしたいな。

●>自分ってキャラクターの感情を見せたがらない性格
ならキャラクターの感情を表現する力はあるし、設定としてできてはいるけど、プレイヤーには見せていないだけなんだ? 少なくとも私はそれで帽子世界の不明点に納得いかなかったし、受け手に理解されないならそれは無いも同然だと思う。

>演出は、相手に伝わらなければ無いのも同然だ。
先走って読み切る前に拍手してしまって今は反省している。自己完結してたんだね。
逆に言えば帽子世界はもっと素晴らしいゲームにできるってことやん!
もっと熱くなれるな ぶっとんで暑苦しいのよろしゅう
■キャラクターの感情を見せたくないからといって、必ずしも感情を表現する力があるとは限らない気がするなぁ。自分の場合は小道具に頼る傾向があるから、それを少し他の部分に注いでみようかなぁと。

●家から出たくないメルを抱えたショコラさんがロリコン星人の魔の手からメルを守るハートフルアクションゲーム
ショコラアイランド!
■元ネタわからんわ!

●皆が言いたいこといってくれたて
作者がどんなつもりで作ったかはさておき、意図したようには受け取ってもらえなかったんか。
追加バッドエンドやユノー黒幕ね
■そゆことですねぇ。洋画っぽい終わりにしようと思ってただけだったのに

●結末に不服はございませんでしたという個人的感想でした。
■ありがとです~新約もがんばるよ~

●初心者はスキルの使い方が上手くないまま手当たり次第に成長・開発していってクリスタルも素材も足りないってんで全然進まなくなっちゃう

仕草や「間」の演出で感情表現もあるがRPGにはプレイヤーが攻略することでの時間の経過という概念があるので
ある程度進めてから戻ると何か進展や台詞の変化があるとかキャラクターが気になるところに移動したり画像が変わってるとか
そういう表現もできるところが楽しい。ただしプレイヤーが気づかないと何にも見せられないところが小説と違うが
■パーティ固定でいくかどうかでもバランス変わるんですよねぇ…
製作側としては用意したもの全部見てほしいって気持ちがあるけど、それを押し付けてしまうとヘタしたら面倒臭いゲームになっちゃいますしね

●羞恥心を捨てる事は創作において最も重要な事なのかもしれませんね。
確かに私も恥ずかしくてゲームの演出変えた記憶がありますねぇ…。
主に恋愛要素で…
■恋愛は自分も恥ずかしいな~ほんと恥ずい!

●雑魚回避可能って価値観下げられないじゃないですかーヤダー!
・・・え?全スルー?聞こえんなぁ。
■そういや戦の世界あんま文句言われたかったな。けっこう気にしてたのに

●ジブリですら百合を公認する時代だ
■思い出のマーニー? …あれはいろいろとほにゃららだからノーコメントで

●今思った、二周目の追加エンドはただ二周目にするだけでなくキングダムハーツみたいに全隠しボス撃破とかでシークレットムービーとしてだせばよかったんじゃないかと。ちょうど七大迷惑みたいなおあつらえ向きな存在も居たわけですし。
七大迷惑をボコしていく内に見えてくる世界の影!!本気の管理人を倒した時にやっと聞ける心情!!
そんなのがあってもいいと思うのです。と言う訳で真・新約を作る時にでも…

なんにしても99%管理人を倒した時のメリットが達成感だけって言うのもさらに気になったかも、主人公は帽子の価値観補助抜きの成長だけで相手の価値観を打ち破れる訳ですし。
■99%管理人撃破のメリットかぁ…そもそもアレ倒そうとか思う人いるのか疑問だったんですけど、けっこういたのかなぁ?

●シモンの孫であるジュストは筋肉細そうな優男
母方の魔法使いの血を濃く受け継いでいるから、らしい
アイテムクラッシュの原型となる魔法を伝えたという後付け設定があるとかないとか
というかベルモンド家はヴェルナンデス家とばっか親密にし過ぎなんじゃないの
■悪魔城は最初はマッチョなイメージだったのにどんどん耽美化していきましたからねぇ。小畑ドラキュラ見たときはほんとびっくりした

●システム解説について
どうなんでしょうね。自分なんかはサガフロ大好きっ子だったので閃きと連携あたりはフリーパスでしたが。。
でも、新作は無印プレイ済を前提とすれば最低限のチュートリアルは要るにしろ難易度の面では強気に攻めていけるんじゃないかな?
■仲間4人にしようかなぁと迷ってまして…

●トルコには天然の黒いバラがあるそうです
花言葉は「貴方はあくまで私のモノ」だとか・・・
オラなんだかユリユリしてきたぞ!
■薔薇なのに百合とはこれいかに!

●>>…いやでもアリだな…このシモンめっちゃアリやわ…
こんなシモン、えぬさんも出していいのよ。
まあ冷静に考えれば、リヒターの時代は銃撃戦もある近世で、すでに鎧という武装が廃れた頃ですね。銃を使うスケルトンとかいましたし。
■あーいっぱい魔物召還して戦わせる盾とかあったなぁ

●えぬさんが事前に不安視していた箇所への不満の声が上がらなかった点からも、障害を障害として認知したからこそ解答を用意されていたのでしょうし、問題解決力に優れているといいますか、柔軟に対処できるえぬさんの事ですから、ホメコロシよりもいっそ多くの不満にあてられるのも、えぬさんがナーバスに陥らないのであればそのほうがよろしいのかもしれませんね。創作における問題点と解法はそれ自体がゲーム的でもありますし。

外部からの声による悪影響の心配なんぞ、創作に芯のあるか方に対しては杞憂なのかもしれませんね。ジレンマに囚われないか案ずるのも失礼なのかもしれませんね。シンプルな声援を送れなくて申し訳ないです。
■追加エンドがけっこう叩かれたときはさすがに少しヘコみましたね。
公開して1年以上経ってるゲームだから今はもう全然平気ですけど。

●ADVやRPGは演劇に似てますね。小説が地の文で説明する部分は、背景画や効果音や舞台演出が担当しているし、役者も自分の状況をハッキリと声に出して、表情や身振りも大げさに表している。その代わり、台本で実際に語られる文章は会話文だけだったり。
■たしかに舞台っぽいですねぇ。半熟英雄とかたしか舞台でやってましたね

●雑魚もダンジョンも、本来障害じゃないのかもしれません

何年か前にどこかで読んだのですが
市販ゲームは消費者に数千円払って買ってもらうので
「プレイ時間が短いと割高感を与え、不満が出る」という事情があり
雑魚戦、ダンジョン、Lv上げ等でプレイ時間を稼がざるを得ない…という話を聞いた事があります
最悪ロード時間とか移動速度で稼いでたり

でもフリゲだとそういう枷は無いんですよね
■ツクールのデフォのフェードインアウトはさすがにモタつきすぎじゃないかなぁって気もしてるんですよね。もっとキビキビしてていいのに

●>ブッ壊し要素
そういえば、ジャスミンから高Lv素材を最安値で買って分解すると黒字になるのは意図的な仕様ですか?
十分な元手があればゲーム中盤でマスタージェムLv5取れる、かなりのブッ壊し要素ですが
サガフロの金貿易を彷彿とさせますね
■あれを見付けられる人はかなりゲームの才能ありますね。元々デバッグ用の抜け道だったんですけど、もはやお見事としか言えない…

●DSのRPGで、ラストでいきなり夢オチ、かつ2周目でストーリーが変わる癖にまたそれも夢オチとかいうとんでもないシナリオのゲームを遊んだことがあるので、帽子世界は追加要素に期待できるだけ幸せだと思ってました。
不思議の国のアリスベースの童話ミックス系だったので、まあ予測できなくはないんですけど……。
努力の否定よくない。

ちなみに私は、現実より下の階層にある世界(夢の中とか、ゲームの世界とか)を取り入れた物語が大好きです。帽子世界のあの設定は好みが分かれるとは思いますが、ロマンがあっていいと思います。
■魔界村みたいな?
帽子の多重世界設定はゲームだとそんなに珍しくない気がするけど、フリゲになるとなぜかあまり見ない気がしますねぇ

●次回作に繋がるEDっていうとキングダムハーツが思い浮かびますが
アレはもうひたすら謎しかないって感じで、逆にその作品とは切り離されてる感じがしましたね
でも次回作が出れば何のことだったかわかるみたいな
何が言いたいかというと新約いつまでも待ってます
■キングダムハーツやったことないんですよねぇ
新約やっと取り掛かりましたよ!

●シナリオよりキャラや武器の性能差がないせいで2週目以降をする楽しさが薄かった
制限がないってのは結局の所、選択肢が一つしかないのと同じようなもんですし
■戦闘のシチュエーションがもっとあって、それによって選択した武器が生かされるような感じがいいなぁと思ってますね。現状だと何選んでも無難だから

●ストーリーの魅せ方よりプレイヤーを惹き込む方が手っ取り早いかも知れませんね
例えばドラクエは「はい」しか選べない謎の選択肢が多くありますが
これは見せかけの自由度ではなくて
プレイヤーに考えさせる間を作ってるんですね
他にも主人公の重大な行動をプレイヤーに委任させたりするのも演出ですし

ドットを打つのは手間ですし、まずは手軽な演出で試すのはどうでしょうか
■プレイヤーに隠し事するクセは何とかしたいですね

●吸血鬼ハッサンの立ち絵はまだですか?
■ハッサン「やっぱり吸血鬼も筋肉が必要な時代になりつつあると思うんですよね。だテ眼オ」

●RPG探検隊がある時代に生まれてよかったよ
■そんな大げさなぁ…

●この間、メールでサイドビューの気づいた点について送らせていただきました。気づいていないかもしれないので念のため拍手でご報告です。
■わざわざありがとうございます。とても助かっております

●システム説明の足りなさもサガリスペクトだとばかり思ってプレイしてたあの日あの時
■そうきたかw

●キャラクターの多いゲームは
・人物図鑑や用語データベース、相関図などが存在している
・団体ごとなど明確にカテゴリ分けされ、個人の目的を知る必要が薄い
・歴史上の人物や関連作品からのゲストなど、本編以外で補完できる人物が多数
こういうのが覚えやすい例…?スパロボみたいな
■人物図鑑と用語集は悩んだんですよ…テキストだけは用意してました。

●まぁ、なんにせよ製作者が楽しく作れてるならいいと思う、フリゲだしね、フリゲは思いついたアイデアはぶち込むのが基本だ。
■自分のレベルアップが楽しいのもまたフリゲの良さですねぇ

●帽子世界の不満点と言えば、ドーラは主人公の中でも玩具!!って感じな自分の世界の雰囲気がないキャラデザなのがうーんだったんだけど、アバター作りのためにあの価値観を選んだみたいな描写があったから、そういうことで納得してる。
■まぁデザインの始まりは魔女っ子スタートでしたしね。人形の世界でも良かったんだけど、それだとマップ案が乏しいから玩具になっちゃった。

●メシュよりマリアネットの方が好き。
■中ボス感想嬉しい!

●ザコ=障害って考え方が行き過ぎるとえらいことになりますぜ。
3歩歩けばザコに当たるランダムエンカウントとか、プレイヤーより遥かに移動が早くて避けようがないシンボルエンカウントとか。

確かに演出というか、例えば敵の本拠地で警備もいないわけねーとかの障害物としての面はありますが、ゲーム的には端的に言えばエサであり練習台です。
特にシンボルの場合は避けれないならシンボルの意味ないですし。

画面いっぱいにうぞっと敵が!とかのインパクトはあるかもしれませんが。
ここはちょっと大変な思いして欲しいから、とか、ここはすげースピードで追っかけられる怖さが欲しいから、とかのそれぞれの場面での演出としてのメリハリがあるなら良いでしょうが常時避けようがないザコとかもうロード時間や演出時間でプレイ時間延ばしてんのか?とか言われかねません。
プレイ時間ン十時間の大作!で中身が避けれない雑魚とか。

まぁ多分二度と買わないって言われますな。
というか自分で言ってて気付きましたが先に例に挙げたうぞっと敵が!とかすげースピード、とか。
これも一つのゲーム的表現ですな。

ホラー系ので見た事ないです?いきなり敵が何もないトコロから!とかなんか不気味な人形だなーと思ったら背中向けた瞬間襲われる!とか。
■そういやミンサガのラスダンは敵の本拠地なのにザコがほとんどいなくて逆に不気味だったなぁ。敵の見せ方はやっぱり重要ですね

●キャラクターの個性を強く出したいのであればむしろ会話文にこそ力を入れるべきじゃないですかね?
もちろん、意味もなく長ったらしかったり説明的なのは論外ですが…

ただし、「言葉で「好き」と言わせるだけでその感情を表現させるな」
っていうのはその通りだと思います
一流のグルメリポーターいわく
美味しいって言うのを表現するのに「美味しい」って言うのは
二流なんですよね
だからこそ、言葉の表現力が重要になってくるのではないでしょうか?
簡素かつ情に訴えるセリフって言うのが理想的なんだろうけど
意識的にそういった言葉を考え出すのって難しいですよね
■もちろん言葉は重要でっせ。
でも自分は少年漫画とかでも、セリフで見せてる作品より絵で見せてる作品のが好みなんですよね。漫画に名言ってあんまりいらない気がする。

●>キャラクターとシナリオの見せ方
俺屍2がキャラとシナリオのみならず、システムにすら食い込んでくる壮大なメアリー・スーゲーでした・・・
自分はなんとなしにプレイしたのですが、10年越しで待ち望んでた人達は怒り心頭だと思います。
それ以外にも、そりゃやっちゃいけねぇだろという要素ががテンコ盛りでして、ゲーム作りを再度考えさせられましたね。。。
■ふーむ、俺屍2なんかいろいろ物議を醸してるみたいですね。自分のイメージは人間ダビスタって感じだったけど、どうなのかな?

●ボスは、終盤に出てくるメカが個人的に好きです。
■あそこ作ってる辺りは超ノリノリでしたね。なんかRPG作ってるな~って気持ちでウキウキしてました。

●帽子世界あれだけ完成度高くて面白いのに反省点を自分で見つけるとかすごすぎです…!
面白くてシステム、キャラ、ストーリー全部大好きですよ!

一つ要望をあげるならトキさんとつばめちゃんにもっといちゃいちゃシーン増やしてあげてくださいw
あのままだったらお互い好意持ってるのに回りも心配するくらい進展なさそうなので
■新約のシキさんはツバメよりもヨウコさんといろいろ危ないシーンが…
んで逆にツバメが積極的な感じですかね…

●PS4持ってるんでFF14買おうと思ったもののギスギスオンラインだと聞いて躊躇してます
みんな口を揃えてグラはいいんだよなぁと言うのは気になりますけど
遊ぶのに絶対課金しなきゃならないのはドラクエ10だってそうなんで仕方ないとしても
■オンゲはギスギスも付き物ですしね…ただPKまで行くのは嫌だなぁ

 | ページTOPへ |  ちょっと帽子の反省会2 >