カテゴリー

















子供が真似をしても大丈夫か否か

2020/09/25

[漫画・アニメ・小説・ドラマ]

創作するにあたって注意すべき点はいくつかある。
その中で今回は年齢制限のない創作の注意点を考えてみる。

例えば少年漫画の表現でこんな声を聞いたことがないだろうか?
「未成年の飲酒喫煙がNGなのに未成年の殺人はOKというのは変だ」と。

私が思うに、この辺のラインは「子供が真似したがるような違法行為」がアウトなのではないかと考察する。

つまり未成年の喫煙シーンを見た子供が「かっこいい!真似しよう!」というケースは往々にして起こりうるが、未成年の殺人シーンを見ても「カッコいい!僕も人を殺そう!」とはなりにくいという理屈である。

この理屈だと、違法行為ではないが子供が真似したいと思う迷惑な描写もできないという話になる。

では、子供が真似したいと思う範囲はどこまでなのだろうか。
その線引きは誰がするのか?

今回はこの疑問を解く上で、二つの例を比較してみる。
「女子のスカートめくり」と「いじめ」である。

はるか昔、学校で女子のスカートめくりが流行り、その流行を作ったという少年漫画をPTAが問題視した事件があったという。今の漫画ではほとんど見られない古い表現ではあるが、過剰な性的表現はだいたい自粛されている。

漫画でスカートめくってたから現実でもめくってみたいとなるのか?という話ならば、別に漫画以前に男子なら女子のスカートめくりたいと思うのは当然であり、漫画がスカートめくりの免罪符になるのかというのも疑問である。

それに対して、いじめ描写。
これは昔も今も鉄板の漫画表現として残っている。

私の個人的な意見を言わせてもらえるならば、いじめの方がよっぽど子供の学校生活に悪影響を与えているといわざるをえない。

しかし、いじめは物語の題材として非常に使いやすい。
国民的アニメと言われているドラえもんにも頻繁に出てくる。
だからドラえもんが悪いというつもりは更々ないし愚問であるが。

要するに「子供が真似したいと思う迷惑な描写は避ける」という理屈などガバガバだという話である。結局のところ、創作表現の規制を声高々に叫ぶ者が得をするという話でしかない。だからといって無修正の女の裸を子供の漫画に載せていいわけではないが。

子供でも創作と現実の区別くらいはできる。
むしろそれができていないのは大人の方ではないかと思う事もある。

包み隠さず言うと私が子供の頃、マガジンとサンデーはオッサン臭い漫画だという大変失礼なイメージがあった。それはなぜかというと、半裸のグラビアモデルがよく表紙になっていたからである。裸のねーちゃん=オッサンが好きなもの、という先入観があったのである。

エロ本をレジに持っていくのが恥ずかしいという話はよく聞くが、世にいる純情な少年はあれをレジに持っていくのが恥ずかしくないのだろうか。いや恥ずかしいはずだ(反語)

マ、マガジンとサンデーはメジャー誌だから別に変じゃないし!僕も別にこんなの興味ないけどしょうがないから!やれやれまったく本命は漫画の方なのにしょうがないなぁと心の中で言い訳しているに違いない(決め付け)

む。話が逸れた。

とりあえず今回の話を総括しよう。
RPG探検隊は心の中で言い訳しながらグラビア表紙のマガジンサンデーを買う純情な少年を応援しています。

9/24までの拍手お返事です。
●祝ヨウコ編正式公開1周年おめでとうございます!
■ありがとね!特に何も用意してなくてすまぬ!

●ヨウコ編一周年ですね!!おめでとうございます!!!月並みではありますが私のプレイした中で最高のゲームです!!!忘れられない体験を本当にありがとうございました!!!
■ありがとね!おおげさだなぁもううふふ!

●新約でやりたかったけど出来なかったことって何かありますか?
■パッと思い付くのが自己無限増殖装置戦でサガフロのカーネイジかなぁ
ノーフューチャーで無理矢理ごまかしてしまった…

●早いもんですなぁ…
■早すぎてもうすぐ寿命で死なないか心配になってくる
人生80年って足りなくね?1200年くらい無いとやりたいことできないぞ

●隊長が楽しそうに筋肉話をするから久々にドラクエ6をやってみた。
あれ…せいけんづきってこんなに命中低かったっけ…
筋肉が衰えたとでもいうのかー!
■当たらないッスね~…
だからといってブレスに逃げてはいけない!

●思うに、物語としての百合の世界は相対化が徹底されています。しかし関係性は登場人物同士にさえ秘密です。
知るのは読者。思うのは作者。
やがて訪れる真実の合一の準備。カタルシスのため。
抑圧や疑念の感動的解決。求めても得られない欲求不満。
秘密の開示と共有。願いを知ることの恐怖と喜び。
知っていることの少しばかりの優越感。知らないことを怖がっていながらに知を期待する心。
物語って百合みたいですね。
■謎解きというか探りというかそういう要素が好みですねぇ
考察の余地がほしい!

●初めまして。帽子世界を楽しませていただいてます。

ジャニス編の最後の熱い展開は喫茶店組が応援に来たこともあって熱さと感動が最高潮でした。なんとしても全員生還させないと漢じゃないと思い必死に戦いました。

これから鍛え抜かれた金属バットと大量にため込んだファティマを持ってヨウコ編はじめます!
■一時期カフェ組が絶対応援に来ないバグがあって迷惑かけたなぁ
そのバグはあかんやろ!

●ミステリのだいご味は、ミルクティー状に出来上がった謎を、茶葉と茶器とミルクやスパイスから再現するような困難を味わう体験でないかと。
エスやレズビアン文学というのはとても詩的です。お菓子のついたパーフェクトなストレートティー。ミルクもスパイスも思うがまま。期限も邪魔も無し。絶対的なティータイム。とても美味しくて夢みたいな時間。
■川端康成の乙女の港は名作。と思ったら80年以上前の作品でビビる

●一周年おめでとうございます!
新約帽子世界から惚れ込んだ新参者ですが、これからのご活動も楽しみにしてます!
■ありがとです!そろそろ次回作のネタを考えましょうかね!

●一周年おめです!ガンガンいのちだいじにね!

シキとヨウコの変な関係に魅力を感じるから
シキ編が特別な部分多いなー、自覚なかったけど。
シキ編はヨウコの存在感がでかい。

ワンダーってミステリアスな色気がありますね。
■シキ編のヨウコは要所要所でヒロインムーブしてますしね
手を繋いで走るシーンとか

●ずっとチュートリアルのお姉さんだと思っていたのに
あんなことになるなんて・・・

2020年になって、「犯人はヤス」をくらうとはおもってもみませんでした。
筋肉もあなどれませんが、
メガネもあなどれませんね
■たまにウソバレが混じってて「聞いてた話と違うじゃねーか!」って作品あったりしますよね

●「はむすたブログ」でもセクシー記事より筋肉記事の拍手数が圧倒的に多かったことが判明し(最新記事コメ返し参照)、最後にモノを言うのは筋肉だということがあらためて証明されました。筋トレしよ
■筋肉こそパワー!

●マップがぐにゃぐにゃしてて、じーっと眺めていると、見てはいけないものが見えてくる…
例えばラヴィさんの危機一髪とか…
■エロレロの事は忘れるんだ。いいね?

 | ページTOPへ |  ヨウコ編公開から一年 >