カテゴリー
















新約の進捗

2018/07/11

[製作日誌:帽子世界]

新約はオープニングとチュートリアルダンジョンが終わってメインイベントをガリガリ作ってるところです。

テキストだけだったものがどんどんゲームになっていくと嬉しいですね。
ずっと想像上で描いてたものが実際形になるのは感動する。
必要素材も多いけど…

まあしかし。
イベントスキップ機能がデバッグにこれほど便利だとは…
作って良かったよ。

ただし。
テスト中、一回だけ強制終了エラーで落ちました。
例のアレです、RGSSのアレ。

おっかしいなぁ~…
直ったとおもったんだけどなぁ~…
まさかまだ残ってるなんてショックでした。

再現できそうにもないけど、犯人は分かってます。
ビューポートです。
アレの犯人はコイツしかいねぇ!

とはいえ、今はイベントを作ってるところなので寄り道は避けたい。
あっちこっち手を出してたら終わらないし。
とにかくメインイベントを終わらせるのが今の目標!

7/10までの拍手お返事です。
●ハッサン「あミ触オ」

そんなだからリメイクで混乱耐性消されちゃうんですね、ミレーユは
やはりハッサン先生のように筋肉で全てを解決していく方がDQらしいということですね、先生!!
■ハッサン「ミレーユは病気ですからね、ビョーキ」

●PCフリゲからスマホゲーへの流れは考えざるをえないですよね・・・。詳しくはないですが、幸いアマチュアスマホゲーも結構遊ばれてるみたいでフリゲのテイストは残ってそうですが。MVへの移行とかは考えてらっしゃるのでしょうか。
■作る部分よりも配布の部分がね…
置いてるだけでずっとお金を取られ続けるみたいなもんなんですよ。

●>フリゲの現状
近年のフリゲの小説化ラッシュ(まさかRuinaが小説化されるとは)、『このすば』DVD特典のフリゲ作者採用やアツマールの企業によるフリゲ作者囲い込み、そして今期の『殺戮の天使』のアニメ化等
フリゲは一昔前とは違った方向に突き進んでる気がします。多分、世界的に
これからはsteamで配信したり、逆に企業によって商業化される時代なのかも……
いっそ新約帽子世界アニメ化を目指しましょうぜ
■帽子世界は小説や漫画にしにくいと思うんですよね…
主人公選択式っていうのがややこしくしてるというか

●帽子世界の他に五本も!?帽子ハッサン!帽子とびひざげり!帽子すてみ!帽子におうだち!帽子せいけんづき!
■あえてばくれつけんを入れないハンデ

●だミ触お?
■ハッサン「だミ触おですね」

●音楽素材フォルダを作業用BGMにしておけば
絵を描いたりマップを作ったりしながら選曲できるぞ
■それだとツクール起動しないじゃん!

●旧帽子世界は1からやっても学生でも4日位でクリアできたけど今回は何日かかるんだろう。
■無印とそんなに変わらないんじゃないかなぁ
ただ無印は1人解いたら終わりだけど、新約は脇道が果てしなく多い…

●悲しみだな。。。
■悲しみの時計少女

●パソコン雑誌がなくなっていくのは寂しいと思いつつ、自分自身最近はめっきりその手の雑誌を読まなくなったなぁと。
雑誌も読み始めると、知らなかったことを知れたり、特集記事がおもしろかったりと楽しめるのはわかっているんですが、簡単なことならネットでいいかとお手軽に済ますようになってしまいました。
■時代の流れってやつなんでしょうかね
今はネットが当たり前になってますしね

●>●1級フラグ建築士,えぬさん,いまあなたのデータをdeleteしているの。
>■回避ッ!
あ、隊長代わりに壊れときましたんで(実話
メインSSDじゃなかったら危なかった…
■あぶねぇ!

●うろ覚えなんですが、帽子世界を知ったのが確かWindows100%だったような気がします。
最近見かけないな…。
ネットで検索以外のフリーゲームを知る術が減って行っている感じがして寂しいですわ。
■あったな~Windows100%
今はその手の雑誌もう無いのかな

●>日曜日に出勤するなんてはしたないですわ
思った以上にグッとくるコメントをありがとうございます。
■グッときたんかい!

●MVにもタブレット側で作業できる機能が搭載されてるんだったか。
そういう自分はデスクトップPCがメインだから実感は薄いが。

RPGツクールのゲームデータをProjectというが、
プロジェクトという言葉には有期性が定義されているという。
つまりエターなったゲームはそこが締め切りだったということだな!
■タブレットでツクれるんだ…ほえ~
でもやっぱキーボードとマウスとペンタブじゃないとしっくりこないなぁ

●どうしよう…うちの猫が気がついたらデブになってた…どうすればいいんだ…コロコロしててかわいいよぉ…
■猫は油断してるとすぐデブっちゃうからなぁ~

●>■日本人のロシアイメージってコサックダンスとウォッカと999のメーテルが被ってる黒い帽子しかないイメージ

ロシアはマヨネーズ大国です。
小さめのバケツ大の容器で買うのが当たり前。味もプレーン以外にたらこ味やトマト味とか他にもバリエーション豊かで、マヨネーズ好きが多い日本人にとっては実はかなり羨ましい国だったりするのです。
逆にマヨを好まない方にとっては地獄のような国かもしれません…。
■おはロックでマヨチュッチュであり香取慎吾はロシア人である

●> あと5本くらい作りたいゲームあるのに…
「ラヴィちゃん危機一髪」のシリーズ化ですね。
全六話、ということは各主人公で危機一髪をやるわけですね。冗談はさておき、五本目をプレイするには自分の寿命に自信が無い。
■トリアージュは短編だからたぶんだいじょうぶ…

●iP!懐かしいですね。昔はお世話になったな~
…いや、エロやアングラ記事ぢゃ無いですよ?
当時は実家で暮らしてましたが、わが町はブロードバンド化が特に遅くて…(遠い目)
付録のCDに収録されたフリーゲームやフリーソフトはダイヤルアップの時代には特にありがたかったですよ

懐かしさのあまり記事を検索したら
同じくらいお世話になったWindows100%が去年で終わってて更に驚きましたわ…
■Windows100%も終わってたんかい!

●ThisTimeOnlyってフリゲやってて、キャラの動きが帽子に似てるなって思ってたらクレジットに隊長の名前が...
■むかーし配布してたサイドビューのRGSS素材かな?
使ってくれるなんて作った甲斐があったってもんです

●スマホゲームを配布するのは大変なものなんですか?
ツクールとの文化差的な理由でしょうか
■置き場所がないんですよ
ずっとお金払わないといけないからフリゲだとめんどい

●ヤバい、眠い💤眠る前に、、、コメントを、、バタッ
■ねろ~!

●>あと5本くらい作りたいゲームあるのに…
そんなに…!?
■それもこれも新約が完成しないのが悪い

●>ぶっちゃけ帽子世界も外国語に翻訳したものの方がオリジナルよりもはるかに多くプレイされてるみたいですし。

海外からの方からのコメントもあるみたいですし、もしかしてえぬさんって有名人だったりしますか?
■すごいですよね。言語違うのに来てくれるなんで嬉しい限りです

●数年ぶりに再プレイしようと思ったけど、新約のリリースまで我慢しよう…。応援してます!
■ありがとね!今ガリガリ作ってるヨ!

●Steamの16円で販売しててマーケットで9円で売れるカードが3枚もらえる、フリー通り越しゲーはフリゲ市場に入れていいですか?
Steamで洋ゲーに馴染んで海外言語アレルギーが消え、海外フリゲに触れやすくなったので結果的には広がってる俺のPCゲ界。
■ツクールそのものもSteamで売ってるという卵が先か鶏が先か理論

●>■独自システムを作るなら誰にでも分かる説明書も作る
>5年経った後だと自分でもちんぷんかんぷんになるから
なるほどです!
となると併せて、詳細な仕様書も自分用に書いといた方が良いですね。
具体的な計算式だとか、属性間の強弱の理由だとか。
勉強になりました、ありがとうです!
■システム作るのはやっぱ楽しいですよね
ゲーム作ってるな~って気分になるから

●ヒーラーストラテジーあるのならタンクストラテジーもあると思うのきっと
■ストリートファイターラテジー、略してストラテジー

●海女の振りゲ

海水浴に魚籠を持っていく
■海女を萌えイラスト化したら何か問題になった事件あったんでしたっけ

●ニコニコのアツマールで面白そうなゲーム漁るけど、本格派のRPGをガッツリ遊ぶ人も少ない印象。フリゲのstars、クミとクマってゲームは昔ハマってやりまくってたなぁ。
スマホゲーも今や飽和状態だから、タブレットPCに活路はあるのかな、とも思う。
ゲームをツクる敷居は確実に下がってて、懐古ブームもあるし、もう一度盛り上がりがあると信じてる!
とりあえずロマサガ3はよしてくれw
■長編RPGはハードル高くなってますよね
でも無くなることはないんじゃないかなぁと楽観視してる
自分が作れば無くなることなんてないから

●スマホの所有率が高い上にスマホゲーは課金ガチャで後からいくらでも儲けられるという悪しき風潮で爆発的に普及してしまった。あろうことかvitaやDSを主とする携帯ゲーム機すら脅かすほどに。
PCなりゲーム機なりだと容量のアドバンテージからゲームの本格性で上回っても、通勤時間や休み時間にちょいちょい遊べる程度のゲームでも十分という人はスマホゲーを選んでしまう。
ゲーマーすらスマホゲーに流れると苦しいね
■スマホゲーはスマホゲーで違った楽しさはある
理想をいえば住み分けできた方がいいんだけど、なかなかね…

< ひたすらツクってる  | ページTOPへ |  フリゲと雑誌掲載 >