カテゴリー
















嫌いは好きより印象に残る

2017/05/08

[漫画・アニメ・小説・ドラマ]

ここんとこずっと○○が嫌いってネタばかりでしたね。
そろそろやめとかないとルフィっぽい人から「何が好きかで自分を語れよ!」って怒られそうなので自粛しようと思ったのですが。

ふと気付いた。
これをネタにすればいいじゃんと。
そんなわけで今日のお題は「嫌いは好きより印象に残る」です。
あくまで創作上のお話なので、リアルと混同しないようにご注意ください。

創作においてキャラを造形する時、好きなものを設定するのは王道です。
好みの設定はキャラの個性を引き立てます。

例えばルパン3世の主人公ルパンは美女が大好きなので、それが原因でよくピンチに陥ったりします。完全無欠で弱点のないキャラよりも、こういう弱点のあるキャラのほうが人間味があって感情移入しやすかったりします。

でもですね。
キャラの好きなものって、思ったよりも印象に残らない気がするんですよ。

さっきルパンが美女好きと書いてるのを見てピンとこない人もいたかもしれません。峰不二子にデレデレしてる印象が強くて美女全般にデレデレしてるイメージがあんまりないというか、あっても印象に残らない。

ちなみにルパンの好きなものがエビフライだったという回があったらしいんですけど全然知りませんでしたし何かすごくどうでもいい。そのくらいあんま印象に残らないもんなんですよキャラの好きなものなんて。

それこそしつこく好きな物を愛でるシーンを挿入するとか、我慢強く読者に見せ続けないと印象に残らない。そんな気がするんです。

それに比べて「嫌いなもの」
こっちは好きなものに比べて印象に残りやすい気がします。
理屈とかはないです、ただの自分の印象ですね。

嫌いは好きより印象に残る。
言い方を変えれば、嫌いは好きより本音が見える。

好きなものよりも嫌いなものを聞いたほうが、その人の深い部分を知れる。
そんな気がするんですよ。

本音が見えるというか、人生が見えるというか。
例えば「車が好き」って聞くと、ああ車が好きなのねで終わるんですけど。
「車が嫌い」って聞くと、なぜか自分の中で勝手にドラマが作られる。過去に車でどんな嫌な目にあったんだろうかっていろいろ想像しちゃう。

要するにですね。
好きなものより嫌いなもののほうが話を作りやすいんですよ。

例えば。
おばあちゃんを題材にしたお話を作れ、と言われた時。

個人的に。
おばあちゃん大好きっていう話は印象に残らない。
おばあちゃんのことは嫌いだったっていう話の方が印象に残る。その人の気持ちがよく伝わってくる。
これはもう理屈じゃなくて個人的な趣向になっちゃうかもしれませんけども。

こういう傾向が、ネットでネガティブパワーが拡散しやすい原因のひとつになってるのかどうかは分かりませんが、少なくとも対立構造を作ることで注目を集めたり炎上商法がなくならなかったりする要因かもしれませんね。

「何が嫌いかより 何が好きかで自分を語れよ!」
おっしゃる通りです。
百の罵声をあびせるよりも好きなもん一つ胸張って言える方がずっとカッコいいです。
でも私は、どうしても嫌いなものに人の本音を見てしまうのです。

犬嫌いの猫好き派と猫嫌いの犬好き派が、お互い貶し合ってたとして。
喧嘩しないでお互い犬と猫の良い部分を教え合えばいいじゃないかって言われても、たぶんお互いの良い部分なんて知りたくもないでしょう。

大切なのは、どうして犬が嫌いなのか、猫が嫌いな理由は何かをお互いが知って距離を置くことじゃないかなと。嫌いなものを知ることはお互いを理解する第一歩なのかもしれません。

有名な話があります。
好きなものが一致しているカップルよりも、嫌いなものが一致しているカップルのほうが長続きするそうです。例え好きなものが一致していても、相手が自分の嫌いなことをすれば不快になります。しかし嫌いなものが一致している場合、お互い不快な気持ちになる機会が少なくなるのです。

そんなわけで。
キャラクターを作る場合、好きなものはテキトーにしますが、嫌いなものはかなり慎重になりますね。

5/7までの拍手お返事です。
●恋愛というか痴情のもつれは見苦しい
しかし人間には嫉妬回路があるから良くも悪くも過剰反応しがち
■全ての恋愛が、見てて気持ちの良いものとは限らないというか

●>嫌なことがあったのかって?
これは隊長の言葉のウラを読んで
ほんとうに「上等な料理にハチミツをブチまけ」られたのではないかという結論を得ました。

そっと仕込む程度の隠し味でいいんだよ、ハチミツは!
■ぶっちゃけ子どもに与えたら駄目って知りませんでしたこわい…

●百合は恋愛か、否か。
■そいつを聞くのは野暮ってもんだぜ

●いやなに、カップリングなんて作品外でファンが勝手にやってくれますからね。途中から作者が思わせぶりな餌をまき始めるのを見ると、いま稼ぎ時なんだなって思ったりします。

個人的にはカップル成立するのはふーんって感じですけどその後をちゃんと描かない作品って嫌いです。恋愛モノでも付き合い始めて終わりとか結婚したら終わりとか最悪です。もうね、愛情ナメてんのかと。もういっそ死別して独身貫いてくれ。
■そこすごく難しい気もするんですよ。子ども生まれた後もいつまでも恋愛恋愛言ってる旦那(女房)マジでガキ過ぎるって人もいますからね

●まさかの恋話。。。恋どか、感情どか、よく分からんですが、でもそんなことも気にしない。

重要のは、リア充爆発しろ!
■でも最近あんまリア充って単語聞かない気がする

●原作から入ってらき☆すたのアニメで白石が出てくることに怒っていた友人が居ました
恋愛要素を多少なりとも感じさせるだけでアウトだろと
■らき☆すた見てないから何のこっちゃ分からんのですけど、男が出てこないだけの作品を百合と呼んでいいのかどうか分からんから百合作品紹介とかとてもできそうにない自分はヘタレ

●キングダムハーツとかどいつもこいつもいちゃいちゃしてんじゃん
って思ったがあれはディズニーが悪いのかもしれんな
キスは魔法だから
■キングダムハーツやったことないから分からん

●テレポーターは対処法があったり元から存在しない場合が多いし
石の中じゃなければショートカットできて便利なこともある
嫌いだったら宝箱のテレポーターの罠だけ敬遠してればいい

特殊攻撃は軽く全滅できるモンスターが大勢出てくる
レベルを吸い尽くされたり状態異常のかさねがけでロストするのもある
ロストしなくても治療費とプレイヤーの時間を頻繁に奪う
それでダンジョンに潜る限り避けられない
三途の川の石崩し
■確か盗賊の罠は20回に1回識別に失敗するから、もしその失敗がテレポーターでさらに転移先が壁の中だったら…と考えると判別100%の魔法で罠解除したくなるけど、とてもじゃないけどMP持たないという

●もうだめだ!死ぬ!

実は貴方の事が好きだったの・・・

え・・・

奇跡が起こる
■ホーキング博士「AIは人類を滅ぼす危険なものだ!」

●恋愛要素を無理やり絡ませるとこうなる
人類の唯一の最大の武器にして救世主なもの、それは恋愛・・・みたいな
■映画は分かるんですよ
デートでカップルをロマンチックな気持ちにさせる目的もあるというか、恋愛要素がないと客が入らない

● >媚薬恋愛
個人的には、大抵のハーレム物は、そんな気がします。
さえない留年性(notイケメン)が、モテまくるとか。
女の子をモノ扱いしてるみたいで、キモいです。
その点、『藍より青し』(アニメ)は上手かった。
主人公に対する『好き』の形が、ヒロインによって違ってた。一途だったり兄みたいだったり(文字数的割愛)
後、主人公の好きの対象は、固定してた。
なにより、『そりゃモテるだろう』って主人公d
■藍より青しは見てないので分かんないんですけどっていうか見てない作品の話ばかり振られて毎回この返ししかしてない気も

●ハーレムもので隊長の心が抉られたと聞いて。その点百合は男性自体が排除されているからそういったことも起こらず平和な世界。百合はハーレムにより傷ついた体や心の痛みにスーッと効いてこれはありがたい。
■なんでそんな飲み過ぎた次の日の胃薬みたいになってんの!?

●ハーレム展開は逃げの一種だと思ってる
さっさと誰か一人とくっつけ主人公と思ってしまう
■逃げっていうか乱交したいだけでしょたぶんオスの本能なんですよ

●ゾンビは噛むだけじゃなくて獲物を食べるから
吸血鬼みたいに亡骸がそっくり残ってるのは多くないんじゃないかな

感染ジャンルだったら食べ残しや食べ損ないがゾンビになることもあるけど
呪術やら超化学で作る設定だったりすると襲撃と増殖に因果関係もないよ
■土葬文化と火葬文化の違いか…

●同性愛もので、異性とのトラブルによって同性が好きになるものがあんまり好きじゃないです…。隊長はこういう後天的?な百合やらBLってどう思いますか?
■昔はそんな選り好みする余地すら無かったのです
百合飽食の時代になったんだなぁって思いました

●恋愛要素が過剰になるとキャラ、とりわけ女性キャラに顕著な傾向だと思うんですけど
そこにあった凛々しさや自立心みたいなのがオミットされて
都合の良い感じの十把一絡げな色恋要因に落ちぶれてしまうっぽいのが何とも
FF好きな隊長の前で言うのも恐縮なのですがFF6のセ○スは幼心に複雑な気持ちに
(特に変化の無い7やシュール極まる8は無問題)

つまり個性が損なわれず更に乗算されるユリ恋愛は大正解
■あー分かります。自分もセ○スはぶっちゃけそんなに好きじゃなかった…

●恋愛要素の無い創作物は非常に少ない。いや皆無と言ってよう。キャラが二人以上いればそこに恋愛要素が発生するといってもいいかもしれない。たとえそれが同性でも、怪物でも無機物でさえ発生する。作者に意図がなくても二次創作で必ず発生する。
つまり百合は最高であり、ノーマルな恋愛ともいえなくもないとも無くもないかもしれなくもないような気がするかもしれない・・・。
■最近は無機物を通り越して物理法則のカップリングがあるとかないとか
マクスウェルxエントロピー最高だよねエンxマクは邪道、みたいな

●多くの場合、面倒くさいとか尺の都合というより作者自身の恋愛経験の欠如がそうさせるのだと思う!(暴論)
■人を殺したこともない奴が人殺しの漫画を描くのはリアルじゃないという犯罪教唆的な暴論

●恋愛要素そのものよりも、最終目標と無関係な、恋愛描写や媚薬恋愛に違和感を感じるんだと思う。
魔王を倒すために旅してるのに、出会う女の子全員に好感度があって長い恋愛イベントがあると、だんだん飽きて作業になっていくような感じ。
エロゲならそれ自体が最終目標の1つだから許されるけども。

で、薔薇騎士はハーレム作るために、メガネをXXXして薬草を取りに行くゲームだから、媚薬全開で問題なし。
■どんな大冒険になるんだろうワクワク的なお話がオタサーの姫的なドロドロ話まで堕ちると悲しいというか

●自分は本筋じゃない恋愛要素、嫌いじゃないです。
ひたすら本筋のみを追求していくストイックな構成の物語よりも、時々脇道にそれて気分転換できる物語の方がのめり込めます。
■脇道だと思ってたものがいつのまにか大通りのメインストリート化しちゃってもよろしいと申すか

●FF5はそういえば女の子ばかりのパーティーでしたね
ガラフも記憶喪失によって不安だったろうに周囲を明るくする愉快なジイサンだった
それだけにあのシーンは涙なしでは見れない。その意思を継いだクルルもバッツの良き理解者というか妹分、遊び相手になっていたと思います
美人でかつお姫様のタイクーン姉妹にしてもファリスが女と分かっても驚くだけで、友情を変わらず向けるバッツは改めて思い返すととても好きです
■ほんとね。FF5がバッツを取り合うハーレムシナリオじゃなくて本当に心からありがとうございます野村さん一生ついていきますって感じでした

●まぁ所詮創作の世界ですしね
現実のそういうのに比べりゃ笑ってスルーできますよ
ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ
■現実と空想をごっちゃにしてはいけませんぞ

●肉欲からの恋愛は個人的にはありかと思います
興味を持たなければそもそも恋愛にすら発展しないですしね
そこから内面や心情の変化の見せ方で変わってくるとは思いますし
■まあ好みの問題ではあります
肉欲からの恋愛を見たかったらエロ漫画でいいかなぁと
自分も次回作は肉欲強いのやろうと思ってますし

●学生時代隣の席になった女子全てに惚れていた俺は媚薬を盛られていた・・・?
■まさか空中感染する媚薬か!?

●えぬさんはどういう恋愛物なら大丈夫なのか
↑ご意見を拝見していて私と被るところが結構多いように感じたので、自作の小説を読んでいただきたいと思いました。

オンラインで公開しているのでURLを載せることはできるのですが、拍手コメントでこういう「宣伝行為」は控えるべきでしょうか……?
あ、GL要素は割と強めです。
■なかなか時間が取れないからたぶん読めないかなあ…
お気持ちは嬉しかったです

●その点、近親ものなら安心ですね。
お兄(お姉、弟、妹)ちゃん大好き!で事足りる。
■あやしい…

●恋愛ものに限らないけど、やっぱり自然と応援したくなる主人公っていいですよね。
その上で、思わず応援せずにはいられなくなるような主人公がいる恋愛ものが大好き。
なんというか、主人公の友人視点で物語を読みたい。
■そうそう。一途にがんばってる姿とか見るとついつい感情移入して応援したくなっちゃうんですよ

●>媚薬を盛られたと思って見るしかなくなる
この表現が実に的確でふふってなった
■完全催眠恋愛「一体いつから私に惚れていないと錯覚していた」

●最近、2~3年前くらいに出たターン制RPGやったんですけど、ラスボスでも5~6ターンで倒せるバランスになってて、いやボス戦はそれなりの盛り上がり用意してくれよ!! ってなったので、ターン制RPGのボス戦はある程度長期戦にならないと満足できないんかなあ、と思いました。

もしかしたら、こういう感覚自体がもう古臭いのかもしれませんけど。
■ターン数よりも内容ですかねぇ
いくら30分とか時間かけても危機感ぜんぜん無い戦闘じゃダレるだけですし
FFのオーディン戦みたいに5ターン以内に削れないと即死とかスリルあった

●要するにえぬ氏は恋愛要素入れるならハッサンのような筋肉兄貴系男子同士のホモしか認めないと言いたいんですね、解ります
■解りますじゃねぇ!

●主人公がモテはじめると悪いうわさが流れて
意中の子以外にもご機嫌を立てなきゃいけなくなるときメモ
媚薬恋愛が不幸を呼ぶ
■恋愛シミュレーションを名乗ってるだけはある

●編集のテコ入れやらで媚薬を盛る事を強いられてるのかと思うと悲しくなりますん
■雑誌によって編集がどこまで絡むか差が大きいらしい

●本編と関係ないおまけが入ってても別に悪くないよね
連動が義務になるなら最初から絡めなきゃいい

「旅の役には立たないと思うけど、
 よければ暇潰しにでも使ってくれ」
■船取ったら何も関係ないビンゴゲーム

●やっぱり純愛百合作品が一番なんですよね。
けもフレの良いところって終盤までお互いの好意すら
はっきり描写されないところだと思います。
「サーバルちゃんは優しいなぁ。かわいいなぁ」みたいな
わざとらしい独白がない。相手を値踏みする目線がない、とも言える。
かばんちゃんもサーバルも何考えてるかいまいちわかんなくて。
それが最後で一気に爆発。ほらみろ相思相愛やんけ!というカタルシス。
けもフレ最高や!
■やっぱりもうちょっとついていこうかなぁ~って…が尊い

●主人公の性別が選べてイベントに男女差がないと百合ん百合ん楽しめるので好きです
■ジルオールは名作だったなぁ…
作り直す度に性別限定ENDばっか増えてったけど

●>途中からヒロインと惚れた晴れたのイチャイチャちゅっちゅがメインになって最後にはヒロインの愛の力で復讐をやめられましためでたしめでたしみたいなオチだったりすると本当に萎える
うしおととら面白いのに・・・
■うしおととら見てないけどそんな話なん?

●恋愛要素がないと、薄い本の作者が困ってしまうのである程度残しておかないといけません。
■むしろ薄い本の人は余計な描写が無いほうが喜んでそう

●純愛系いいですね。めぞん一刻とかも素敵
■じつは見てないめぞん一刻
今日は見てないばっか言ってるきがするなぁ

●そういえば以前隊長が「短くてスッキリしてるラスダンが理想的」とおっしゃってましたが、クロノトリガーのラヴォスなんかはどうでしょうかね?あれダンジョンって言っていいのか分からないですが
魔界塔士サガもラスダンもシンプルでしたね…あれは程々に長くてダレる状況を作って最後のかみのフロアの異質さをプレイヤーに見せつける演出なんで悪くはないとは思いますがうーん
■サガ系のあっさりラスダン大好きですねぇ。盛り上がった気持ちが冷めることなく一気にラストバトルまで駆け抜けられて

●中途半端に恋愛描写やハーレム要素盛り込むくらいなら、只管逃げる主人公をバトルロワイアルしながら恋愛成就狙ってんだか命狙ってんだか判らないくらいに狂気の如く追いかけ回すくらいやって欲しいな。
ほんのりと極端の間とるのはメイン要素とのバランス取りの難易度高くなるので寧ろ創作のハードル上げてる気がします…。
別に恋愛要素が嫌な訳じゃなくて、強調するのそっち?ってなっちゃうと。
■メインのシナリオにうまく恋愛を絡ませるのが難しいんですよね

●とめどなく身体から媚薬が垂れ流れてる系主人公
■なんかきちゃないな!

●寝違えた上にゆで卵の殻剥き失敗してお風呂のお湯入れすぎちゃったのか……心中お察しします
■あと靴下がやぶけた

●マグワイヤー‼
■またググってもよく分からんネタを…

< 何が好きかで自分を語る  | ページTOPへ |  媚薬恋愛 >